このエントリーをはてなブックマークに追加 

世界へ行ってみたら本当はこんなところだった

sekaiittemitara

 

最近、特におもしろいと思っている番組は、雨上がり決死隊が司会の
世界に行ってみたら本当はこんなところだった!」です。

 

夜遅くの時もたまにみていて面白いなと思っていたのですが、最近は2時間スペシャルなどでゴールデンタイムにやっていて、内容も、行った気になれるスペシャルというもので普段旅行に行きたくても行けない私はとても楽しく拝見しています。

この番組はMCは雨上がり決死隊ですが旅をするのはタレントではなくディレクターというのが特徴です。
タレントさんの優雅な旅とは違い、感じ方が自分たちに近い気がして本当に行ってみたいと思わせるのです。ディレクターも何人かいて1つの国の別の場所をそれぞれのディレクターが旅するのですが移動距離も〜から車で270キロとか船で10時間とか列車で18時間とか・・・

 

タレントさんなら飛行機で移動するだろうな〜というのもいつものことでその本来なら退屈そうな移動まで楽しく紹介されてたりするのもいいです。
私は中でも隅田さんが好きです。最近は女芸人張りの体を張った体験もがんばっていて見ていてとても感じがいいです。

 

普段はTV番組の企画とかする人なのにパラセーリングやバンジーにも挑戦していてすごいなと思います。
あと、最近出始めた高橋さんの食べっぷりやなんでも美味しく食べる姿はいいと思います。

 

メジャーな観光地はもちろんちょっと上級者向けのところも紹介されているし宿泊先がホームステイなのも面白いと思います。
企画から、実際の取材まで番組作りは相当大変だと思います。見てるほうは2時間足らずだけど実際は2週間くらい行っているようです。
印象に残っているのはオーストラリアの映像で海も街もとても綺麗だったし、エアーズロックまでの列車の旅もいつかは行ってみたいと思いました。

 

あとペルーの時もこの番組を見て初めて美食の国と呼ばれているのを知ったし、他の番組では見たことのないマチュピチュまで列車で行っている様子やアルパカグッズの紹介などが面白かったです。
それぞれの場所に行くのが1人は男性で1人は女性というのも違う目線での旅になっていて面白いです。
これからもリゾートだけではなくなかなか行けないような国、例えば北欧諸国なども行ってみて欲しいです。
また次も期待しています。