このエントリーをはてなブックマークに追加 

探偵!ナイトスクープ

knight-scoop

 

探偵!ナイトスクープが大好きです。
深夜番組ですが、まだ娘が小さくてなかなか放送時間には見られないので、毎週予約録画して欠かさず見ています。
おそらくナイトスクープは長寿番組で、上岡龍太郎さんが司会の頃から時々見てはいたのですが、若い頃は「くだらない番組だなあ」くらいの感覚でその魅力に今一つ気が付けなかったのですが、30代に入ったここ数年でナイトスクープの面白さに気がついたような気がします。

視聴者からはがきで送られてきたさまざまな疑問を、芸人さんが探偵として派遣されて解決するのですが、内容はやはりほとんどがくだらないです。
でも、そのくだらない問題に全力で取り組んで、それが笑えるというところが、他の番組にはない面白さだと感じます。

 

探偵として派遣される芸人さんも、ものすごく笑いのセンスがいいとか達者というよりは(失礼)、みなさん人柄重視というかちょっと味のある、素人の方とやり取りしてなんともいい味を出す方が選ばれているように感じます。
そもそも局長が、あの西田敏行さんですし。西田さんが感情豊かに笑ったり泣いたりしているだけで、見ていて楽しいです。

 

最近で印象に残っているのは、「90歳のおばあちゃんを飛行機に乗せてあげたい」という小学生の依頼に、カンニング竹山さんが派遣された回でした。
「生きている間に一度は飛行機に乗って自分の住んでいる家を空から見てみたいけど、飛行機は落ちるから嫌だ」というおばあちゃんを竹山さんとご家族が説得し、無事おばあちゃんが飛行機に乗って自分の家を空から見たという回でした。
小学生の男の子のおばあちゃん思いなことと、竹山さんのおばあちゃんに対する優しい様子と、おばあちゃんが飛行機に乗って自分の家を空からじっと見つめる様子が、ここ最近見たテレビの中で一番感動して涙がたくさん出ました。
最後におばあちゃんが竹山さんの事を航空会社の人と勘違いして、また飛行機に乗せてくれるのを待っているというオチがついて、笑いあり涙ありの最高の回でした。